人生にプロレスを

プロレス見てて、人生、意外と良いこともある。
ノア、全日本、新日本、ドラゴンゲート、DDT…etc.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
DRAGON GATEオフィシャル・ブック (Vol.2)
DRAGON GATEオフィシャル・ブック (Vol.2) (JUGEMレビュー »)
Dragon Gate
ドラゴンゲートの入門書です。初観戦や、ちょっと離れてた人には最適です。選手、チームの紹介があるので、予習にピッタリ!
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
川田利明、G1クライマックスに出る!
天山

久々、テレビ朝日のワールドプロレスを見ました。

川田利明がG1クライマックスに初参戦。
これはかなり興味アリ。
時間があれば見に行きたかったけど行けなかった…(;-;)


◆川田×鈴木みのる
川田の生真面目な顔と、鈴木みのるの相手をなめきった顔。
顔で魅せる。顔がよければビンタだけでも十分良い試合になるもんなんだと実感。

◆川田×西村
川田がヘッドシザースを倒立で脱出しちゃったよ…汗。
こ、これはG1の洗礼なのか…。川田はなんでもつきあってしまうのね。
ストレッチプラムで西村の体がすんごい曲がってた。
西村はやっぱり軟体動物だ…。

◆川田×カシン
カシンがフットルースのテーマで入場したことをテレビ的にはカットしないで流していた。今の視聴者にそんなに重要なことなのか…?(^-^;)
川田が掟やぶりのタランチュラ。うーん…、なんか川田サービスしすぎじゃない?

◆川田×蝶野
G1の魔力か、蝶野がケンカキックで勝利。蝶野っていうのは、どうしてG1になるとこんなに強いのか…。いつもそんなに圧倒的な強さは見られないのに…。

◆川田×永田
これはホントに横浜文体まで見に行こうか悩んだ。
キックの交換や、バックドロップの交換もあり、永田が光ってた。いや、川田が光らせたのか…。永田にはまず、良い表情がほしい。


川田は2位で決勝進出のようです。
注目の決勝トーナメントは明日。
なんと全勝で勝ち上がってきた藤田と対戦!!

〜G1クライマックス決勝組み合わせ〜

  蝶野×中邑

  川田×藤田


川田には、全勝の藤田にギャフンと言わせて欲しいねぇ。
決勝は川田×中邑希望。

中邑は将来有望な選手。
ぜひ、川田と一騎打ちをしてほしい。
レッスル1 その2

先ほど、このとこと、天龍とマグナムTOKYOをよく見る、と書きましたが。
よく考えたら、もっと見るのが中嶋君。

ドラゴンゲートは中嶋君初登場からずっと観戦してるし、その後はノアの東京ドームでも見た。
そして、両国でも…。
中嶋ウォッチャーになってる?


◆長州×健介

リキラリアット連発で長州有利かと思いきや…。北斗ボム一発。4分で健介圧勝。

一緒に見に行った友達が「北斗ボムじゃないな。よく見たらブレーンバスターじゃない?」と。
リプレイ見たら、確かにただのブレーンバスターに見える…。
健介がお返しでラリアットするシーンもあったんだけど、アックスボンバーをしてた。(大森みたいに声つき)

ラリアットも北斗も出さずに4分で勝ったということ?
長州、相手にならず…orz

パワーフォールを久々聴いた…。
意外と盛り上がった…(^_^;)

◆秋山×柴田

ようやく良い試合です。

柴田のジャンピングニー奇襲からスタートし、一気に秋山をKO。秋山はいきなり額から流血と大ピンチ。
しかし、場外では秋山が椅子攻撃、机落下、マット剥がしてDDTと一気に逆転。

柴田が頑張って、リングでも熱闘。
エクスプロイダー→バックドロップ→エクスプロイダー→ミドルキックの交換に満足。
フロントネックロックは耐えに耐えて腹パンチで脱出。村上のミドルキックを捉えて、秋山がキャプチュード初披露。
最後はエクスプロイダー連発から急降下エクスプロイダー。

といった感じです。
良い試合だったよ。
セミとしては十分。あとはファイナルだ!

◆ムタ×曙

まず、最初に、曙のコスチュームが変。あの体型でワンショルダーのレオタードはおかしい。
オレンジのレオタード…。

激しい運動すると、片パイ出ちゃって、着直してる。
そんなギャグ要らなくない…?

あの巨体でベイダークラッシュを試みるも、足で着地。場内が、ざわめきからため息へ…。
ホントに見せ場がない…。

ベアハッグでついに見せ場かと思ったら毒霧を食らう…。ムタ美味しすぎる…(T▽T)

膝まづく曙にシャイニング連発。最後は久々ムーンサルト。
「ムーンサルト見れて良かった〜」
って…何かごまかされてる気がする…(;_;)


2回戦は来月あって、決勝は12月にあるそうです。
正直、次もあまり期待できない気がする…。

諏訪間は体大きいし、やっぱり、サップと戦うのかな…。
天龍は誰と?秋山?
健介、ムタあたりはシード選手とやるんじゃないかな。

シード選手に興行が成功するかかかってると思う…。
レッスル1 その1
レッスル1観戦のため、両国国技館に行ってきました。

正直、それほど期待はしていません…。
曙はシングルはちょっと大変かな、と思うし。

注目カードが、長州とか天龍とか…。何かベテランに頼りすぎてる気がするんだけど…。
長州も天龍もそんなに長い試合ができるように思えないしなぁ…。


◆諏訪間×プレデター

諏訪間はジャンボ二世とうことで、バックドロップで勝利。勝ったら「J」が流れた。トップロープ四隅で「オー」をやってた。
こりゃパクりすぎだよ〜…
良いのかな。良いのか、全日本だし…。

◆天龍×村上

こないだのノアに引き続き、天龍戦にはドラゴンゲートからマグナムTOKYOがサポート。
最近、天龍&マグナム、見ることが多いなあ…。

天龍の奇襲を村上が交わして返り撃ち。天龍がコーナーでダウンするんだけど、マグナムが水差し入れて復活してた。そこまでサポート!!?そんなのアリ…?

◆サップ×バーナード

SUWAが乱入したら、竹刀が誤爆。
そこをサップが丸め込み。そんなサップは見たくない…(;_;)

↑SUWAじゃないか、TARUか…。

SUWAはノアに出てる方か…。ごっちゃになってきた…。



ただいま橋本10カウント中です。
後半に続きます。
5年ぶり、三沢×川田!!
三沢

今日、NOAHの東京ドーム大会を見てきました!!
5年ぶり。三沢と川田がメインで激突。

エルボーのつなぎ方、立ち上がるところダウンするところ、よろめくところ踏ん張るところ、キックの使い方…
二人ともその動きが染み付いたものだから、見ててイライラしないんだよね。
これが、プロレスのうまさっていうやつなのかしら…。

あと、三沢も川田もレスラーとしてのピークは過ぎているんだな、とも思ったよ。
三沢はエメラルドフロウジョンが2回滑って抜けちゃったし、
タイガードライバー91もすべり気味だったような。
川田もパワーボムが落とすタイミングを2回外してたし。

でも、
・エルボーを豪快に食らってふらつきながら、前進する川田とか
・ジャーマン連発で吹っ飛んだ後、走って戻ってエルボーする三沢とか
・チョップとエルボーで劣勢になって顔面蹴りで返す川田とか
見てたら熱くなる。

何がなにやらわかりませんが、ひとしきり絶叫。
「アーーーー!!ガンメンゲリーーー!!」って。

ここ一番の技を決めてよ、プロレス。
大声で叫ばせてよ、プロレス。
食らったらよろめいてよ、プロレス。
それでも倒れないでいてよ、プロレス。
大技には大技で返してよ、プロレス。

プロレスに何を求めているか分かった月曜日。
破壊王・橋本真也、死去
ムタ

“破壊王”でおなじみ、橋本真也が今日、亡くなったそうだ。
速報ニュースによれば、脳幹出血とのこと。
橋本といえば、右肩のリハビリでしばらくマットを離れていただけに、まさに突然の訃報だった。

今のプロレス界のキーパーソンといえば、四天王と三銃士である。
90年代からずっとプロレス人気を支えてきたやつらである。

中でも、橋本真也は最も“怖い”レスラーだったように思う。
三銃士黄金時代とか、プロレス見ながら、
「レスラーみんなで本気でケンカしたら、こいつ一番強いんじゃないの…?」
とか
「蹴りだけで十分強いのに、なんで袈裟とかチョップしちゃうの?袈裟は危ないって」
とか思ったものである。

NOAH対ゼロワンのときの、三沢×橋本は、長らく平穏だったプロレス界をピリピリさせるような試合だった。
武藤とか蝶野じゃあ、こんなにピリピリしなかった。
だって、あの巨体で蹴りとか連発したら怖いもん。

川田×橋本は、生で武道館で見たんだったっけ。
足と肩のつぶしあいみたいになって、個人的には嫌な試合だったんだけど、でも、あれが最後の橋本観戦だったよ…。

肩のリハビリ、引退の危機、ゼロワンの倒産と、あまりに不幸が続いてただけに、余計に悲しい…。

もう一度食べたい、破壊王弁当…。
いまなら、三食ともそれで良い。
小橋とアメリカ
小橋

9月に小橋、丸藤、KENTAがアメリカ遠征に行くそうな。

やっぱ三沢とかもアメリカで有名だからねぇ。
小橋もアメリカでは人気かもね。
しかも、典型的な日本人顔だし。

また、ジョニー・エースみたいに、小橋が裏切られるというのも見てみたい気もする。
裏切られたときの反応が男の器の大きさと言える。
「裏切られてほしい人」っていう評価もおかしいとは思うが…(^-^;)
ノア 東京ドーム大会
第1試合6人タッグマッチ
杉浦 貴&SUWA&青柳政司 vs 菊地 毅&百田光雄&中嶋勝彦

第2試合タッグマッチ 30分1本勝負
モハメド ヨネ&森嶋 猛 vs 本田多聞&潮崎 豪

第3試合8人タッグマッチ 30分1本勝負
田上 明&佐野巧真&泉田 純&永源 遥
vs
斎藤彰俊&越中詩郎&井上雅央&川畑輝鎮

第4試合ムシキング・テリーデビュー戦 30分1本勝負
ムシキング・テリー vs ブラックマスク

第5試合GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第9代選手権者)金丸義信 vs KENTA(挑戦者)

第6試合GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
(第10代選手権者)鈴木みのる&丸藤正道 vs 秋山 準&橋 誠(挑戦者)

第7試合第GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第7代選手権者)力皇 猛 vs 棚橋弘至(挑戦者)

第8試合シングルマッチ 時間無制限1本勝負
小川良成 vs 天龍源一郎

第9試合シングルマッチ 時間無制限1本勝負
小橋建太 vs 佐々木健介

第10試合シングルマッチ 時間無制限1本勝負
三沢光晴 vs 川田利明


三沢×川田、小橋×健介っていうのは良いね。
ホントの同世代二強対決だし、今まで封印されてきた切り札だからね。

1〜3試合目の詰め合わせっぷりがヤバイです。
「俺の蔵」では、「夏の詰め合わせギフト」と表現されています。
http://orekura.jugem.cc/?day=20050701
お菓子お得パックでも可。

ムシキングは期待大!
ドラゲーにはヒールが必要だったのです
川田

今日はドラゴンゲート後楽園大会に行ってきました。

メインは、CIMAがブラッドジェネレーション存続をかけて、マグマっていうやつと戦うというもの。
しかし、これが飛んだやらせで、ゴングが鳴ったら二人でレフェリーを倒しちゃって、互いに笑顔で抱き合う始末。
さらには、マグマっていう選手をブラッド入りさせるそうな。

CIMA「あほかー。お前ら、俺がホンマに試合すると思うたんか。
それで、負けてブラッド解散とか思ったんやろ。頭悪いなぁ。
今日のお客さんは短足、短気、単細胞。3Tや。
というわけで、メインはこれにて終了〜」

会場からは大ブーイング。



そうすると、これに怒ったDo Fixerが走って入場。乱闘になるも、6-4で分が悪く返り討ち。

それでも、斉了は怒り心頭で
「こんなんで終わりとはどういうことだ!うちらは二試合目だけどかまわない。6-4で変則マッチをしろ!!」

そこに、PoS.HEARTSからアンソニーとハルクが加入して、急遽、6-6の12人タッグマッチが開催。

しかし、ゴングと同時に全員リングから降りて大乱闘。
椅子やら壁やら使って大騒ぎ。
会場のお客さんも総立ち。(というより座れない)

後楽園ホール全体を使って12人で場外乱闘っていうのは史上初なのでは!!?



そんな中、土井が、キッドのマスクを後頭部あたりからメリメリ破って、キッドの頭が全部見えてしまっている状態にしてしまった。
試合が終わっても、マイクは「ドラゴンキッドは正直嫌い。変な格好しててムカつく。いじめ倒す」と罵倒しまくり。

吉野もアンソニーを椅子で痛めつけて集中攻撃。唾吐いてタンカ切って、「バカが」と見下す始末。

先月の海援隊戦と良い、吉野&土井のヒール路線はスゴイ。
CIMAも加わって、完全にヒール。
今日、観戦に来たファンはかなりブラッドにむかついているのではないだろうか。



初代M2K、イタコネ、悪漢一色とドラゲーで猛威を振るっていたヒール軍団も今はいない。
最近、「ドラゴンゲートは団体として落ち着いてきた」という感じだったのだが、今日、突然ドロドロしてきた。

ここに来て、とんでもなくタチの悪いヒール軍団ができてしまった…。



でも、イタコネとか悪漢一色のときのドラゲーって何だかんだ面白かった気もするんだよね。
やっぱり、プロレス団体にはヒールが必要だよなっていう。
だから、CIMAのマイクはむかつくけど、まあ、斉了がんばってくれっていう感じ。

でもね。
CIMAはまだ良いとして。
ホントに、土井&吉野はワルだよ〜…。
キッドとアンソニーがいじめられるの怖い…。
新日本、イタリアに行く
タイガー

今日のテレビで、新日本のイタリア遠征の模様がやっていました。
なんとイタリアでは、タイガーマスクのアニメが放送されていて、そのブームで80年代の新日本の試合とかも放送されているそうな。

なので、イタリアの会場には「tiger」(ティグル?イタリア語わからん…)って書いた紙をもった子供がいっぱいいるの。

スゴイな〜。やっぱり、テレビの影響力ってスゴイ。
どうしてこういう戦略を日本でできないのかねぇ。

日本では人気ないけど、世界では「日本はスゴイ」って認められてることってたくさんあると思うんだけど、プロレスもその一つのような気がするね。
そして、日本人はそれに気がつかないで、「世界では何が流行っているんだろう」ってキョロキョロしてるんだよね。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.